12月10〜11日にご注文は全アイテム送料無料(国内のみ)

「Dead Stock Collection」日本とイタリアの文化を纏うスカート


Dead Stock Collection」は、renacnatta(レナクナッタ)のベーシックラインとなるスカートのコレクションです。アイテムには、着物とイタリアンシルク2種類のデットストック生地を活用しています。


着物地に使用しているのは、日本で仕入れた絹の反物です。シルクは、イタリアを中心としたヨーロッパハイブランドなどのデッドストック生地を使用しています。

「Dead Stock Collection」のスカートは、レナクナッタのフィロソフィーである、使わ「れなくなった」、着ら「れなくなった」ものに命を吹き込む、という思いのもと作られています。

今回は、そんな「Dead Stock Collection」のラインナップや魅力、アイテムに込めた私たちの思いをご紹介します。

レナクナッタのベーシックライン「Dead Stock Collection」

レナクナッタのベーシックライン「Dead Stock Collection」は、日本とイタリアのデットストック生地を活用したスカートのコレクションです。デッドストック生地は、日本で仕入れた絹の反物やし、イタリアを中心としたヨーロッパハイブランドなどのシルクを使用しています。

コレクションを代表するリバーシブルスカートは、日本の反物とイタリアンシルクの両方を使ったもので、2016年のブランドスタート時から販売しているアイテムです。

これは、日本の着ら「れなくなった」着物とイタリアの使わ「れなくなった」デッドストックシルク、2つの「れなくなった」が融合し、新たなものへ生まれ変わるというコンセプトから誕生しました。「renacnatta」というブランド名も、このコンセプトに由来しています。

代表の大河内 愛加がイタリアで育ったことから日本の絹とイタリアのシルクという、本来なら出会うことのなかった異なる背景を持つ素材が組み合わさっているのが特徴です。

「Dead Stock Collection」のラインナップ

現在、「Dead Stock Collection」では3種類のスカートを展開しています。

・Reversible Skirt Flare(丈:約74cm)
・Reversible Skirt Long Straight(丈:約80cm)
・Italian Silk Wrap Skirt(丈:約85cm)


「Reversible Skirt Flare」は、腰回りのすっきりした形から裾にかけて広がる綺麗なAラインのスカートです。身長160cm前後の方が着用された場合、膝より少し下に裾下のラインがきます。


「Reversible Skirt Long Straight」は、タイトなストレートタイプのスカートです。ウエスト周りから足までを綺麗に見せてくれ、丈感は身長160cm前後の方が着用されると、スネあたりに裾下のラインがくるイメージです。


「Italian Silk Wrap Skirt」は、イタリアンシルクのみを使った巻きスカートで、2022年より発売された新ラインとなります。リバーシブルタイプでない分、さらりと軽やかに着こなせるストレートスカートになっています。

みなさまのリクエストにお応えして、いつもより5cm長い丈(85cm)に仕上げました。


スカートのサイズは、いずれもウエスト50〜80cmのフリーサイズです。ウエスト80cmで重なりが20cmほどなので、ペチコートの着用をおすすめします。

また、裾部分はイタリア製シルクと着物地がセパレートになっています。着物地の方が少し丈が長く、イタリア製シルクを表に着た時に裾から少し着物地が覗くデザインです。

アイテムの購入方法

「Dead Stock Collection」のスカートは、在庫販売にてお求めいただけます。いずれも基本的に再入荷のない数量限定の商品です。仕入先で同じ柄を買い付けることができたときは、再販する場合もあります。

販売スケジュールはSNSなどでアナウンスしています。欲しいアイテムがある場合は、ぜひそちらをご確認ください。人気の商品や柄はすぐに売り切れてしまうこともあるため、販売開始日に購入いただくのがおすすめです。

数日後には発送手続きをし、商品をお手元へとお届けします。


アイテムのお手入れ方法

シルク生地を使ったスカートのお手入れは、縮みや型崩れ、色落ちを防ぐためドライクリーニングを推奨しています。頻度に関しては、お客様が「気になった」タイミングでお願いします。

自宅で洗いたい場合は、ドライクリーニング推奨の衣類専用の洗剤もお使いいただけますが、あくまで自己責任になりますので、もし不安な場合はクリーニング店に出していただけるとより安心して長くお使いいただけます。

詳しいお手入れ方法はこちらの記事もぜひチェックしてみてください。


「れなくなった」に命を吹き込むアイテムを

「Dead Stock Collection」のリバーシブルスカートは、使われなくなった着物やシルクたちに新たな命を吹き込みたいという思いから誕生しました。

レナクナッタが使用するイタリアンシルクや着物地は、いずれもとてもクオリティの高いものです。にもかかわらず、現実には生産の都合で使われなくなったり、捨てられたりしています。

私たちが「れなくなった」にこだわるのは、そこに「普遍的な価値」を見出しているからです。

日本の伝統工芸に実際に触れてみると、それらが何百年、何千年も前から現代に受け継がれている理由がわかります。同時に、日本のものづくりの世界は、後継者不足をはじめとするさまざまな問題を抱えていることも現実です。

私たちには、この先も「変わらず価値を持ち続けるもの」が残り、それを残すことのできる人たちが生き生きと働く世界を見たい。価値あるものを大切に使い、それを生み出すことができる人たちと一緒に未来を作っていきたい、そんな思いがあります。

エシカルでサステナブルなファッションが注目されている今だからこそ、そんなファッションの楽しみ方があってもいいのではないでしょうか。

また、私たちのアイテムで使用している着物やシルクが持つ普遍的な美しさは、長く大切に着ていただくことができるのも特長です。だからこそ、デトックスコレクションのスカートは流行に左右されないベーシックなデザインを心がけています。

長い時間をともに過ごすスカートとして新たな命が吹き込まれた着物やシルクたち。時代を経ても変わることのない美しさ、時代を越えて受け継がれる伝統文化を纏っていただければと思います。

厳選されたハイクオリティなイタリアンシルク

レナクナッタで使用するイタリアンシルクは、すべて高級シルクの名産地であるコモ地方で買い付けたものです。買い付け先の業者では、イタリアやヨーロッパのブランドが使わなかった生地や、ミスプリントのデッドストック生地を大量に扱っています。

これらの買い付けは、イタリアで育った代表の大河内が、ミラノでファッションを勉強する友人から、デッドストック生地を大量に扱うシルクの製造業者があると教えられたことがきっかけです。

やがて、日本の着物とイタリアンシルクを融合させたスカートの構想が生まれ、業者との取引が始まっていきました。

デッドストックとはいえ、レナクナッタの扱うシルクはとても質の良いものです。デザイン、クオリティともに代表の大河内が納得した生地のみを仕入れています。

デザインはハッと目を引くほど鮮やかで、大輪の花々が咲き誇るものから、落ち着いたブルーベースの花柄まで豊かなバリエーションが魅力です。

なかには、水彩画をそのまま身に纏うかのようなデザインのシルクもあります。いずれも基本的に再入荷のない生地のため、ぜひ、そのときだけの出会いをお楽しみください。

デッドストックシルクの大量買い付けは、「れなくなった」を掲げる私たちだからこそできることだと考えています。現在もレナクナッタでは、新しい生地が入るたびに業者から写真を送ってもらったり現地に直接出向いたりすることで、クオリティの高いデットストックシルクの買い付けを行っています。

色、柄を楽しめる絹100%の着物

着物地に使用しているデッドストック生地は、日本で仕入れた着物の反物です。素材はシルク100%で、紺や茶、グレーなどベーシックなカラーを採用しています。

細かな格子柄から大胆なラインが入ったものまで、柄は様々です。無地の反物も、着物ならではの雅な風合いを醸し出しています。

また、「Dead Stock Collection」では、鹿児島県南方にある奄美群島(主に奄美大島)で作られる織物、大島紬を使用した「Oshima特別コレクション」も展開しています。伝統工芸品でもある大島紬は、手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織の絹布です。

染色は細かく分けると50近い工程からなり、糸に鉄分が染み込むため着崩れや虫食いが起きにくく、孫子の代まで長く使えると言われています。独特の黒褐色を基調とした繊細な折柄の美しさも評価され、日本の絹織物のうちでも高級品として知られる織物です。


大島紬を使用したスカートは、紬でありながらも軽やかで着やすく、独特の光沢ある質感でほんのりとフォーマル感も漂います。


ベーシックな無地をはじめ、黒地に赤がアクセントになった模様や大柄の幾何学文様、ストライプ状に並ぶ朱色の小花など、職人の手から生み出される個性的な色や柄が魅力です。

「Dead Stock Collection」のリバーシブルスカートは、これらの着物とイタリアンシルクを組み合わせて仕立てています。どれもデッドストック同士の組み合わせから生まれる、完全な1点ものの商品です。

紡がれてきた「普遍的な価値」を未来へ

「Dead Stock Collection」は、日本とイタリアで使わ「れなくなった」デッドストックシルクが融合し、新たなものへ生まれ変わるというコンセプトから誕生しました。

ブランド名の由来でもあるコンセプトから生まれるアイテムには、シルク100%の着物と現地で買い付けたハイクオリティなイタリアンシルクを使用しています。

日本とイタリアそれぞれの「文化を纏う」、「Dead Stock Collection」。そこには、現代に受け継がれてきた普遍的な価値を守り、未来に残したいという私たちの願いが込められています。

ぜひ、ひとりでも多くの方に纏ってもらい、長年紡がれてきた文化の美しさを楽しんでいただければと思います。


***

執筆:永田 志帆
編集:吉田 恵理

関連記事