MAGAZINE RSS



簡単スカーフの巻き方4選。おしゃれで顔まわりが華やぐ万能アイテムでコーデを格上げする

難しいと思われがちなスカーフの巻き方。ですが、簡単でおしゃれな結び方も多くあります。やりかたさえ分かってしまえば、スカーフはとても簡単に印象を華やかにしてくれる頼もしいアイテムです。今回は、レナクナッタがおすすめする簡単で美しいスカーフの巻き方をいくつかご紹介します。なかにはレディース、メンズ問わず楽しめるものもあるのでぜひチェックしてみてください。使うのはレナクナッタから発売している大判スカーフ「Yokohama Tenassen Collection」です。小さいサイズよりもアレンジの幅が広く、シルクの美しい光沢感がコーデを引き立ててくれるため、初心者の方にこそおすすめしたい1枚となっています。

続きを読む



美しき「豊岡杞柳細工」を現代にアップデートし、未来につなぐ。Kiryu-zaiku Basket【職人インタビュー】

さまざまな伝統工芸とのコラボレーションを手がけてきたrenacnatta(レナクナッタ)。この冬、新たなコレクションとして、兵庫県で受け継がれてきた豊岡杞柳細工(とよおかきりゅうざいく)に光を当てる「Kiryu-zaiku Collection」が加わります。1作目のアイテムは、豊岡杞柳細工でつくられたかご型のバッグ「Kiryu-zaiku Basket」。2023年1月29日に予約販売を開始し、4月頃からお届け予定です。「杞柳」とは、コリヤナギのこと。豊岡杞柳細工のバッグは、丁寧に編み込まれたコリヤナギが生み出す上品なツヤとしなやかさが特徴です。

続きを読む



スカーフの巻き方 | 「スカーフリング」が落ちない小ワザで1日中美しいアレンジを

難しいと思われがちなスカーフの巻き方。ですが、固結びさえできれば10種類ほどスカーフの巻き方のバリエーションを作れます。今回は、スカーフアレンジに欠かせない「スカーフリング」を使ったアレンジをご紹介します。よくご相談いただくのが「スカーフリングを使いたいけれど、落ちないか心配」というお悩み。リングにスカーフを通すときの手順を工夫するだけでズレずに1日中美しくキープしてくれるようになります。

続きを読む



2022年の振り返りと来年のこと

renacnatta代表の大河内愛加です。2022年も残り4日となりました。今年も皆様に支えられてたくさんのアイテムを世に出すことができました。ありがとうございました。普段、このマガジンではアイテムの紹介や職人さんへのインタビューを更新していますが、今年最後の記事では私が1年の振り返りと来年のことを少し、書いていこうと思います。

続きを読む



スカーフの巻き方 | アクセ感覚でコーデを華やかに「ツイストチョーカー」

難しいと思われがちなスカーフの巻き方。ですが、固結びさえできれば10種類ほどスカーフの巻き方のバリエーションを作れます。やり方さえ分かってしまえば、スカーフのアレンジはとても簡単に印象を華やかにしてくれる頼もしいアイテムなのです。今回は、スカーフアレンジの中でもコンパクトな「ツイストチョーカー」をご紹介します。スカーフをねじることで強調されるシルクの上品な光沢感は、アクセサリーのような感覚でコーデに彩りを添えてくれます。

続きを読む