12月10〜11日にご注文は全アイテム送料無料(国内のみ)

スカーフの巻き方 | 「ツイスト結び」で男女共に楽しめるアレンジを

難しいと思われがちなスカーフの巻き方。ですが、固結びさえできれば10種類ほどスカーフの巻き方のバリエーションを作れます。

やり方さえ分かってしまえば、スカーフのアレンジはとても簡単に印象を華やかにしてくれる頼もしいアイテムなのです。

今回は、スカーフ中心部のデザインやカラーリングを首元に持ってこれる「ツイスト結び」をご紹介します。ボリュームを抑えつつも温かみがあり、ユニセックスに楽しめるアレンジです。

「ツイスト結び」の巻き方

①「基本のたたみ方」でスカーフをたたむ

基本のたたみ方」の手順で細長いリボン状の形を作ります。

②首にかけたら左右の端の長さを揃えて、首の前で2度交差

③体に沿うように優しく端を首の後ろに持っていき、後ろで小さく固結び

結び目を大きくすると前側のボリュームがコンパクトになる。

④完成

同じ結び方でベルトとしても活躍

腰で同じ巻き方をすると、ベルトにもなります。後ろまで届かない場合は、脇で固結びをすればOK。結び目を外側にスライドすると、よりタイトになります。

「ツイスト結び」でぜひスカーフを日常に取り入れ、アレンジを楽しんでください。

関連記事