スカーフの巻き方 | アクセ感覚でコーデを華やかに「ツイストチョーカー」

難しいと思われがちなスカーフの巻き方。ですが、固結びさえできれば10種類ほどスカーフの巻き方のバリエーションを作れます。

やり方さえ分かってしまえば、スカーフのアレンジはとても簡単に印象を華やかにしてくれる頼もしいアイテムなのです。

今回は、スカーフアレンジの中でもコンパクトな「ツイストチョーカー」をご紹介します。スカーフをねじることで強調されるシルクの上品な光沢感は、アクセサリーのような感覚でコーデに彩りを添えてくれます。

「ツイストチョーカー」の巻き方

①「基本のたたみ方」でスカーフをたたむ

「基本のたたみ方」の手順で細長いリボン状の形を作ります。

②リボン状になったスカーフを左右の手で持つ

このとき、片方の手(この写真では手が高くにある方)はできるだけスカーフの端のほうを持って固定します。

③端のほうを持った片手を固定しながら、もう一方の手でスカーフをねじる

コツは遠慮せずたくさんねじること。ねじる量によってスカーフの細さやなど、仕上がりが変わるので、慣れてきたらぜひお好みのねじり加減を見つけてください。

④スカーフの両端を持ったまま、両手を胸の前に持ってくる

自然とスカーフが写真のようにツイストされながら、二つ折りの状態になります。

⑤ツイストされたスカーフを首にかける

二つ折りになったスカーフを首にかけます。左右はどちらでも大丈夫です。

⑥スカーフの先をもう一方のスカーフの端の輪に通し、固結びする

スカーフの先のうちひとつだけを輪に通します。そのあと固結びを2回することで留まります。

⑦完成

結び目の位置はその日のコーディネートに合わせてお好みの位置に調整します。

「ツイストチョーカー」は、結び目の位置を横や後ろにずらすことで、出る絵柄が変わりまた違った印象にすることもできます。でぜひスカーフを日常に取り入れ、アレンジを楽しんでください。

***

執筆・編集:吉田 恵理

関連記事